輪郭を細くできるVライン整形

女性アイドルにもよく見かけるあごが三角になった輪郭が人気で、美容整形のコースにはこのようなVライン形成というコースもあります。この美容整形ではあごをシャープに細く見せてくれるほかにも、若い女性に人気の小顔効果も期待される美容整形になります。Vライン形成ではオトガイ垂直きりという施術の方法があり、まずあごの下の部分を垂直に切って真ん中部分を切り取ってしまいます。切り取った真ん中部分の骨は使わずに両端の骨を組み合わせ、組み合わせた骨をチタンプレートで固定しそれをまたあごの部分に固定するようになります。その際に小さくなったあごの骨に合わせて両サイドの輪郭も細くするので、全体的にあごの部分が三角にシャープにすることができます。このVラインの施術には全身麻酔を使用しながら行い、一時間ほどですることができる美容整形です。

Vラインにできる輪郭の詳細

美容整形では顔の輪郭を治すコースというのがいくつかありますが、最近女性に人気のある顔にVラインというのがあります。この顔の特徴はあごがとんがっているようなラインになっており、アイドルのように小さく華奢なあごというのがポイントです。そんなVラインには骨を切るという施術の方法が一般的であり、カウンセリングから施術が終わるまでには2時間くらいの所要時間がかかります。また美容整形にあるダウンタイムは約2週間ほどの腫れがあり、その2週間以内に抜糸もしなくてはいけないのでまた来院する必要があります。他にも顔の輪郭の美容整形には注射の施術もありますが、骨を切る施術の場合にはその後の食生活にも気をつけなくてはいけません。Vラインの美容整形もあごの骨きりの施術なので、熱いもの辛いものそして固い食べ物は控えるようにします。

輪郭手術としてのVラインが人気

顎先をスリムにする輪郭手術として、横のエラ張りを解消するエラ削りがポピュラーです。小顔マッサージやお化粧等などの努力でカバーしきれないエラ張りの印象を一気に解消することできます。エラ張りで長年コンプレックスに悩む方に人気の方法です。小顔効果、キレイな顎のVラインが得られるとともに、左右の顔のバランスの改善がなれるなど悩み解消の大きな効果が得られます。その一方で、骨を切除する手術をすることから、リスクに対する心配もあります。例えば、骨を削ったことにより顎周辺の骨が弱くなるなどのデメリットがあります。また、手術結果が気に入らないとなった場合に、元に戻すことが大変困難であるといった事情があります。リスクについては手術前に十分なカウンセリングを受けて、納得の上で決断して、後悔のないように手術に臨むようにするべきです。

口元のふくらみ改善施術で美しい口元を! 小顔を目指す方にはBNLS+エラボトックスが当院おすすめの施術です。 20代~50代の女性、男性のお客様がよくいらっしゃいます。 小顔をVライン下顎骨切りで施術される方が大勢いらっしゃいます。 銀座を中心に神奈川県にも出店しております。 レントゲンデータから実物大3D骨模型を作成します。 Lefort-1は正確な計測で手術を行います。 輪郭を美しいVラインにしたいならこちらへ