輪郭をVラインラインにするアゴ削りの手術

エラ削りの手術は小顔効果を得ることができたり、アゴの輪郭をすっきりとさせVライン化を実現します。コンプレックスになっていたエラ張りの悩みを解決する最終手段であると言って良いでしょう。安全な手術となってきていることから、手術を希望される方も増えてきています。骨を削る手術ですのでやり直すことができませんので、手術前の段階で医師との綿密な相談が重要なポイントとなってきます。カウンセリングの段階で、どんな出来栄えになるのか事前シミュレーションで確認することができるようになっていまので、是非、利用してください。クリニックへの相談、申し込みはネットから簡単にできます。手術内容や料金の確認も確認できる上に、様々な注意事項も確認できますので、良く理解しておきましょう。未成年の場合は、親の同意が必要ですし、成長途中でのアゴ形成は問題もありますので、医師や両親と良く相談してください。

四角い輪郭をVラインにする

顔の骨格は生まれつきなもので、自分自身で治せるものではありません。そのため、顔の骨格を変え、輪郭を変化させるには、美容整形に頼るのが一番の近道です。特に、輪郭で困っている人の多くは、エラが張っている人で、骨が外側に向いているため顔が四角くなっており、どうしても大きな顔に見えてしまいます。美容整形では、顔の四角さをVラインのような、スマートな形に整えることができます。よく使用される方法はエラ削りと言われる手術方法です。簡単に言えば、手術でエラの部分の骨を削り取ってしまいます。もちろん美容整形ですから、傷跡が目立たないようなところにメスを入れ、傷跡のケアも行われます。特に、最近は医療の発達により、一昔前よりもずっと綺麗に目立たないように小さくメスを入れるだけで済むようになってきているので、傷跡の心配もなく、輪郭をVラインにすることが可能です。

張っている輪郭をVラインに

骨格が一人一人異なるように、人によって顔の輪郭は異なります。中でも綺麗とされる輪郭はVラインで、小顔が可愛い、美人と言われる条件の一つにもなってきている現在では、この形は小顔の型にはまっています。しかし、誰しもが努力してもなれるわけでもなく、骨格から自分ではVラインになれない人はいます。特に、エラが張り出している骨格をしている人です。エラが張っている人は、骨格が外側に張り出しているため、顔が大きく見えてしまいます。また、どちらかと言えば四角形に近く、それをコンプレックスに感じている人も少なくありません。エラを無くす方法と言えば、美容整形のエラ削りです。外科手術になりますが、先進的な医療により、メスを少なく入れ、そこから削り取る方法ができるようになりました。そうすることで、傷跡が目立ちにくく、整形したと分かりにくく、自然にVラインにすることができます。