顎形成を実現する輪郭・Vライン手術

整形手術の中でも、見た目の印象を劇的に変えるものの一つにエラ削りがあります。小顔になり、シャープな顎のり輪郭となるいわゆるVライン効果が得られます。韓国などでは盛んに行われており、コンプレックスを解消し、性格が明るくなるなどメリットが多いのが特徴です。注意すべき点やデメリットもあります。骨を切る手術ですので、事前に専門のクリニック専任の医師に相談することが必要となります。カウンセリングや診断、事前のシミュレーションなどを通して、手術についての十分な理解をしてください。手術内容についても近年は、安心・安全なレベルに向上しており心配ありません。ただし、骨を切るという大きな手術ですので、やり直しは困難ですので注意が必要です。不可能ではありませんが、顎の骨を弱くしたり大きな手術となるといったデメリットがあります。

小顔Vラインを実現する輪郭手術の概要

下アゴを削りエラ張りを解消する輪郭形成手術を行うことにより、自然で美しいVラインを実現することができます。細くシャープな女優さんのような下アゴは、容姿を劇的に改善してくれます。韓国でも流行し、成人になるのを機に整形手術の一環として、輪郭形成の手術を行う人も多いという状況です。手術は全身麻酔で行われ、概ね3時間程度が必要です。痛みありますが、他の整形手術とくらべても標準的なものですので、特に強烈に苦しむというものではありません。術後はしばらくの間、ギプスで固定され、腫れが完全に収まるまでには数ヶ月程度かかります。腫れ自体は2週間ほどでなくなりますが、その後のむくみがなくなるまでに多少の時間が必要となっています。その期間中はお化粧や自力での食事も可能ですので、無理のない範囲で日常生活を継続することが可能です。

アゴ輪郭をVラインにする手術の流れ

輪郭をVラインにするアゴ削りの手術は、見た目を大きく改善するため、容姿に悩む方に人気の整形手術の手法の一つです。専門のクリニックに連絡をし、まずは手術の概要を把握する事からスタートします。ウエブからホームページを閲覧することで、詳細を知ることができます。同時にメール相談をしたり、予約をすることも可能となっていますので、気になる疑問点や悩みを担当スタッフにぶつけてみるのも良いでしょう。実際に手術を受ける際においても、医師とのカウンセリングが必ずありますので、安心してださい。大きな手術ですので、納得し、安心することが先決です。また、手術後に気に入らない等の理由から、やり直しの再建手術を希望される方も少なからずいますが、非常に困難であることに加え、骨が弱くなるなど身体的なリスクが大きなものとなります。このように事前の了解が不可欠な手術であると言って良いでしょう。